いぬがじぇ!

犬とガジェットとぼく。

無印良品の「福缶」購入と中身ネタバレ

毎日毎日お笑い番組を見てると「あーこのフリはもっと早めに回収した方がいいな」「手数多いだけで大オチが弱いな」とか犬に向かって語りかけたりすることはありませんかないですかそうですか。こんばんは、びぃです。こうして人はM-1審査員を批判したくなってしまい、クローズドでやればいいのに全世界に公開してしまうのです。

さて、正月といえば福袋です。
世の中のありとあらゆる福袋の中身はすぐにネットに公開され(主にロケットニュース)、あまつさえAmazonでは中身の見える福袋というただの割引商品詰め合わせを売る時代。気に食わない商品が入っていたら即座にメルカリ、これが現代の日本。僕も早速昨日のサマンサキングズの福袋の中身を出品してます。売れてません。
高額で転売できるのか否かで福袋の人気が決まってしまう、そんな殺伐とした時代の中、大したものが入っているわけではないのに毎年毎年完売御礼の商品があると聞いて僕も早速買ってきました。それがこちら。

f:id:bbe2:20190103020744j:image
無印良品の福缶。2019年は2,019円(税込)での販売。西暦に合わせた値段で毎年販売してるそうです。西暦3000年を超えたあたりで買うのを躊躇しそうですが、福袋ではなく缶詰仕様というのはそそります。これが毎年毎年どこの無印でも朝から行列、昼までに完売とのこと。これは期待をしてしまいますね。
タバコと比べると大きさはこんな感じ。
f:id:bbe2:20190103020938j:image
インスタントコーヒー(粉)のよくある缶のサイズと大体同じでしょうか。フタにはこんな表記が。
f:id:bbe2:20190103021044j:image
2,019円払って購入したのに2,019円分の無印のプリペイドカードが入っている、つまり間違いなく損はしない!開封してみます!!
f:id:bbe2:20190103021309j:image
最近この手の缶も開けてないな…と思いつつ開けます。




f:id:bbe2:20190103021339j:image
なんだかよくわからない招き猫とポチ袋とプリペイドカードが入っています。これが手作りの縁起物でしょうか。
説明書的なものも入っていました。
f:id:bbe2:20190103021507j:image
どうやらこれは埼玉県越谷市の「ダルマ抱き招き猫」の模様。越谷市は郷土張り子の一大生産地として知られているとのこと。イオンレイクタウンだけの街じゃなかった!これは朗報!
あとはかわいらしいポチ袋(2種)
f:id:bbe2:20190103021645j:image
と無印のプリペイドカード(2,019円すでに入っている状態)
f:id:bbe2:20190103021828j:image
以上が全てです。

縁起物に関してはこの説明書きによると47都道府県それぞれの手作り縁起物をランダム封入しているようで、僕に出たのがたまたま埼玉だったということのようです。ただしほとんどの地域がダルマか招き猫をモチーフにしている感じですが。

【総評】
2,019円払って2,019円分の無印プリペイドカードが手に入るので損は絶対しないこと、さらに「どの県のが出るのかな〜?」と運試し的要素がある縁起物、プラスポチ袋、そしてかわいらしい缶。良いですね。毎年完売になるのもわからなくもないです。

ただ…この招き猫が手作りだからできが微妙なんすよね…縁起物だから気にしちゃダメなんでしょうけど。
正面顔はいいんですよ
f:id:bbe2:20190103022834j:image
ただ、ひっくり返した時に
f:id:bbe2:20190103022854j:image
多分棒を刺して色を塗ってるんからなんだと思うんですが、思いっきり穴が空いてるんですよねぇ…この位置だと、縁起がここから抜けていきませんかねぇ…

60点(100点満点)

次はそろそろガジェットのことを書きます。